BFS Method

BFS工法

埋戻しの重要性

現在、既存杭の埋戻し工事を取り巻く環境は大きく変化しており、大きな転換期を迎えようとしています。
過去30年近くにわたり、埋戻し工法の施工品質に起因するトラブルが数多く発生しています。
杭抜き跡の不確実な埋戻しが原因で起こるトラブルとして、周辺地盤の地盤沈下、新築工事における新設杭の施工品質や工期への悪影響、周辺地盤環境への悪影響が挙げられます。

従来工法は、杭孔上部からのセメント系充填剤の注入が主流ですが、地盤内における空隙や軟弱部の発生など、杭孔の深さ方向に不均一な埋戻しになることが多く指摘されています。これらは地盤沈下や強度不足の原因となり、新設杭の打設時に傾斜を招きます。さらには地盤汚染等の問題もあります。

 

① 空隙発生

セメント注入時の空気流入や孔側面の壁の崩落によって、孔内に空隙が発生する。
② 軟弱部の発生
地下水の侵入やセメントと地盤内の水分が分離することで、軟弱部が発生する。
③ 地盤汚染

セメント注入により地盤がアルカリ性になる。六価クロムが溶出する恐れがある。

 

こうした問題を背景として、構造物の解体に伴う基礎杭撤去工事において、杭抜き孔の確実な埋戻しが近年重要視されています。
BFS工法は、埋戻し不良や地盤環境問題を解消する「天然土による埋戻し技術」です。

BFS工法について

BFS工法は土粒子間の空隙を排除して密度と強度を高めることを基本原理としており、投入した天然土をBFS工法専用ドリルにより強い力で圧縮し、締め固めながら、杭抜き跡を埋め戻します。
ドリルを回転させながら、天然土を地上から螺旋ブレードに徐々に載せ、先端の押圧ブレードに送り込んでいきます。
ドリル先端には特殊な形状をした2枚の押圧ブレードを取り付けており、それらを回転させることによって、地上から投入する天然土と周辺の地盤を鉛直および水平方向に大きな力で圧縮できます。

BFS工法の特徴

Point 01
天然土を用いた地盤環境保全
Point 02
杭孔の深さに沿った均一な埋戻し
Point 03
電気、ポンプ、プラントなどの設備不要
Point 04
養生期間が不要で工期短縮
Point 01
天然土を用いた地盤環境保全
Point 02
杭孔の深さに沿った均一な埋戻し
Point 03
電気、ポンプ、プラントなどの設備不要
Point 04
養生期間が不要で工期短縮

施工プロセス

BFS工法は、専用ドリルを掘削時とは逆回転させ、杭孔最深部から強力な締固めを行うことで、土粒子間の空隙を排除し、埋戻し孔の密度と強度を高めることを基本原理としています。

 

  1. 天然土を油圧ショベルなどで杭抜き孔に投入します。
  2. アースオーガーを用いて、専用ドリルを杭抜き孔に挿入します。
  3. 専用ドリルを掘削時と逆回転させ、埋戻し土を鉛直・水平方向に締め固めます。
  4. 締固めが限界に達すると、その反力でドリルが徐々に上昇します。
  5. 専用ドリルを回転させながら追加の土を送り込みます。土はオーガーの逆回転する螺旋ブレードを下って専用ドリルに達します。
  6. 地表面高さまで締固めが完了したら、専用ドリルを杭孔から外します。
  7. 地表面を油圧ショベルなどで突固めて、施工完了となります。

性能評価試験

試験概要

  • 掘削用ドリルで地盤を掘削し、杭抜き工事における杭抜き跡地盤を再現
  • 掘削前の地盤中心点にてSWS試験を実施し、原地盤(関東ローム)のN値を測定
  • 埋戻し土には、千葉県君津市産の山砂と現地土の混合土を使用(配合比2:1)
  • 埋戻し処理後の地盤の中心点にてSWS試験を実施し、原地盤のN値と比較することで性能を評価

試験結果

  • 原地盤のN値は3~6程度であり、BFS工法による埋戻し地盤の換算N値は2~4程度であった
  • 埋戻し処理後1ヶ月後に地表面の経過観察により、埋戻し処理後の地盤に沈下が発生していないことを確認した

性能評価

  • 本来締固めが困難な杭抜き跡という狭隘な空間において、BFS工法により十分な締固め転圧が行え、地盤環境にも配慮した均質な埋戻し処理が実施できた

BFS工法の機材や材料

従来工法で必要とされる、水、セメントプラントなどは使用しません。

施工機材

アースオーガー

建柱車や杭抜き機など、アースオーガー搭載機であればいずれも使用できます。(トルク:6~16kN m 荷重:20~50kN)

専用ドリル 

回転により鉛直・水平方向の締固めができる特殊なドリルです。
(ドリル径:φ300〜1000mm 適用穴径:φ1200mm以下)
※面的埋戻しの場合はラップ方式にて施工可能です。

施工材料

・使用土…現場発生土+山砂などの天然土 ※砂分が40%以上となるよう配合

取得特許

特許第7073028号「地盤復旧オーガー及び地盤復旧方法」
意匠登録1707998号「地盤復旧オーガー」
その他数件特許出願中

専用ドリルの
レンタル・リース

本工法にて使用する専用ドリルのレンタル・リース事業を展開しております。
専用ドリルはレンタル可能です。現場にて技術指導のサポートも行っております。アースオーガー経験者なら1日程度で技術習得可能です。

上部へスクロール