News

お知らせ

コラム第12回「地下水と地盤沈下」を掲載しました。高度経済成長期、日本の大都市圏では地下水の過剰揚水による地盤沈下が相次いで発生しました。今回は、地下水の汲み上げと地盤沈下の関係性について詳しく見ていきます。   コラム …

地下水と地盤沈下 もっと読む »

コラム第11回「セメント系固化材の問題点」を掲載しました。セメント系固化材は、地盤改良や埋戻しなど多くの土木工事に使用されています。セメントは強度を増幅させるためにとても便利な材料ですが、良い点ばかりとは限りません。今回 …

セメント系固化材の問題点 もっと読む »

先週、5月22日(水)~24日(金)に幕張メッセで開催された建設・測量生産性向上展 CSPI-EXPOに出展しました。   今回もエスエスティー協会と共同ブースで天然土による埋戻し技術「BFS工法」をご紹介いたしました。 …

建設・測量生産性向上展 CSPI-EXPOに出展しました。 もっと読む »

コラム第十回「地盤技術のカーボンニュートラルへの取組み」を掲載しました。18世紀後半の産業革命以来、環境問題は地球規模の深刻な課題です。今回は、地盤技術に関連したカーボンニュートラルへの取組みをご紹介しています。   コ …

地盤技術のカーボンニュートラルへの取組み もっと読む »

コラム第九回「液状化対策に有効な地盤改良工法」を掲載しました。地震大国日本において避けて通ることのできない課題である液状化対策について、今回は液状化防止、抑制に有効な地盤改良工法を紹介しています。   コラムを読む

コラム第八回「地盤と構造物の関係」を掲載しました。構造物は、地盤の上に建設されるため地盤の影響を強く受けます。構造物を支える地盤が緩いと、上部に建つ建築物は傾斜したり倒壊したりなど、大きな被害を受けます。そのため、都市開 …

地盤と構造物の関係 もっと読む »

コラム第七回「杭引抜き孔の埋戻しの重要性」を掲載しました。日本では、高度経済成長期に整備されたインフラ設備や建築構造物の老朽化が進み、それらの持続可能な維持管理が急務となっています。今回は、解体から再建への土地循環におけ …

杭引抜き孔の埋戻しの重要性 もっと読む »

本年度出展予定の展示会のお知らせです。お近くの方は是非お越しください。   ●CSPI-EXPO 建設・測量生産性向上展 会期:2024年5月22日(水)~24日(金) 会場:幕張メッセ 弊社ブース:22-22 URL: …

本年度出展予定の展示会のお知らせ もっと読む »

コラム第六回「AIとは?機械学習やニューラルネットワークについて」を掲載しました。昨今、ChatGPTをはじめ、その精度の高さや便利さが取り沙汰されているAIですが、当社ではAIを用いた地盤情報の予測をしています。今回は …

AIとは?機械学習やニューラルネットワークについて もっと読む »

月刊 基礎工3月号にBFS工法が掲載されました。新工法の紹介として、天然土による埋戻し技術「BFS工法」の概要を掲載しております。ぜひご一読ください。   月刊 基礎工ホームページ 関連事業 天然土による埋戻し技術 既存 …

月刊 基礎工3月号 掲載のお知らせ もっと読む »

上部へスクロール